僕の傘を探しに

26歳OLの雑記

コロナ禍でマッチングアプリの写真がない…と諦めていた私が写真加工・自撮りを試してみたら案外メリットがあると思った話

マッチングアプリのプロフィール写真を新しくすることに決めた私は、「マッチングフォト」というプロのカメラマンさんにお願いし、プロフィール写真を撮ってもらうサービスを利用し、早速写真を撮影しに行ったのでした。
マッチングフォトの予約・写真を撮りに行った話はこちらからどうぞ。 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

撮影を終えた後、引き続き前回やり取りしていたRさんから「また今度ゆっくり話しましょう」と言われてたので、また向こうから連絡が来るのだろうか、と少し気にしていました。
ですが、最後の連絡から5日経った今でも何も連絡が来ておらず、おそらく今後も来ないことを想定して恋人を探しをしていかなければならないと薄々思っていました。

また新たに男性を探すには、自分をうまく表現していくことは必要不可欠です。
ですが私の現在設定しているプロフィール写真は全て2年以上前のものであり、今現在のありのままの私を知ってもらうためには少し役不足であるような気もしていました。(もちろん、昔の自分も知ったうえで受け入れてもらいたい気持ちもありますが。)
なので、私にとってこのプロフィール写真選定は私の今後の恋活の成功を左右する、いわば運命の分かれ道だと感じていました。

そうであるにも関わらず、写真撮影当日、化粧直しを怠った私の写真は、かなり汗で化粧が崩れており、どの写真をアプリのプロフィール写真にするか悩んでしまいました。

そして悩んだ末に、マッチングフォトで撮った写真をサブ写真にするのはいいけれど、一番のメイン写真は、化粧が落ちていない、もう少し盛れている写真にしたいと思いました。なので、私はメイン写真を自分で自撮りすることに決めたのです。

最初、「Ulike」という写真の加工ができるスマホアプリで自撮りをしようと思いました。

apps.apple.com

私はカメラアプリにかなり疎いので全く知らなかったのですが、ほぼスッピンで撮影してもこんな感じであたかもしっかり化粧しているときのように一瞬で加工されました。

ちなみに加工前はこちら。

f:id:momokoara0402:20210802234933j:plain

頭がぼさぼさで本当に申し訳ないです。お試しで撮っただけなので許して下さい

加工後はこちら。

f:id:momokoara0402:20210802234802j:plain

もう別人だよ…

「Ulike」で撮った方はまるでここは天界なのかと勘違いするほど明るくなりすぎてしまっているので、さすがにこのアプリで自撮りした写真をアプリのプロフィール写真にするのは気が引けてしまいました。一応もう少し暗くしてみたのですが、あまり上の写真と変わりませんでした…(私のやり方が違うのでしょうか)。

ですが、よく見てみると、既に撮影した写真もあたかも化粧しているかのように加工できるようでした。つまり、マッチングフォトで撮った写真を、修整することができるということに私は気づき、藁にも縋る気持ちで早速マッチングフォトで貰った写真の中で、良さそうなものをピックアップし、加工してみました。

f:id:momokoara0402:20210802235847j:plain

マッチングフォトで既に加工がされている写真なのですが、化粧が落ち、
顔の凹凸が無くなってしまっています。

これを、アプリで加工すると、こんな感じになりました。

f:id:momokoara0402:20210803000222j:plain

アイシャドウ、口紅を濃くして黄ばんだ歯を白くし口角を上げてみました

男性からしたら、何が違うの?という感じかもしれませんが、私的には満足です。なんとかちゃんと化粧してる感を出せて良かった…と思っています。
口角を自然に上げる機能があるなんて最近の加工アプリは凄すぎます。
でもこれくらいの加工だったら、完全に自己満足の域なので、男性から怒られることも無さそうだと思っています。

味を占めた私は、使おうと思っていたもう一枚の写真も加工してみました。

f:id:momokoara0402:20210803000601j:plain

最後に撮った写真なので完全に化粧が落ちてしまっています

f:id:momokoara0402:20210803000806j:plain

アイシャドウ、口紅を濃くして歯を白くし、チークを追加し、目を大きくしてさらに口角を上げてみました

ちょっと、やりすぎたかな??(笑)
一枚目と顔が全然違う…( ゚Д゚)

加工アプリ、凄すぎる。目もこんなに自然に大きくできるんですね…!顔が変わってしまっているけれどせっかくVさんが撮ってくれたし、1万円払っちゃってるし、暑い中頑張って撮ったからどうしてもこの写真は使いたいです。

男性の皆様、どうかお許しください。当日は上の写真を目指してきちんとダイエットし、歯を磨き、化粧も濃いめにして笑顔を心がけてお会いするようにしますので…。

加工後の上の写真をメイン写真にしようかと思ったのですが、少し汗ばんでいるのが気になってしまったので、やっぱりこの写真はサブ写真にして、もう一枚自撮りで撮影することの決めました。

「Ulike」だと、先ほど試した通り、あまりにも加工感が出てしまうので、新たにカメラアプリ「Soda」をインストールして自撮り撮影をしてみることにしました(多分、結構有名ですよね…)。

SODA ソーダ

SODA ソーダ

  • SNOW INC.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

 

今回は前回マッチングフォトのときに付けなかったマスカラを付け、前回よりアイシャドウ、チークも多めに入れてみました。
加工前はこちら。

f:id:momokoara0402:20210803004347j:plain

自撮りすると左右逆になるから顔の歪みが気になる…なぜかアホ毛が立っている

マスカラ、アイシャドウを濃いめにするだけでもマッチングフォトのときより良い感じ…ですが、やはり家で撮ったので明るさが足りず、肌荒れしているのがバレバレです。というか、顔下でピースサインばかりしてすみません。2重アゴを必死に隠しています。


早速試しに撮影してみました。

f:id:momokoara0402:20210803003606j:plain

肌が綺麗すぎて加工した感は否めませんが、「Ulike」よりはナチュラルなので、マッチングアプリでもギリギリ使用できるのではないでしょうか。
一応、肌の補正だけしていて、他のメイク機能は全く使用せず撮影してます。

まあ、プロに撮影依頼しても加工しますし、肌の加工だけだったら許してほしいです。
そして30枚くらい撮り、その中から一番良さそうなものをアプリのメイン写真として使用することにしました。それが、こちらです。

f:id:momokoara0402:20210803005444j:plain

また顎下でピースサイン。めっちゃ顎気にしてます

やっと、満足しました(笑)。やっぱり、自分の顔は、一番自分が分かっているので良いところは活かし、嫌なところはカバーすることができますね。納得いくまで撮れるし、疲れていない、顔のコンディションが良いときに合わせて撮ることもできます。それにこのご時世ですから、マスクを付けている写真よりはたとえ自撮りでもマスクを付けていない顔がきちんと分かる写真があった方が良いのではないか、と個人的には思います。外出しづらい世の中だし、自撮りじゃなくて、人に撮ってもらった写真をプロフィールに載せた方が良い、というのは少し古い考え方なのかもしれません

ですが、加工することには罪悪感が芽生えてしまい、私は、他の人はどうしているんだろう、と思って「with」の女性人気会員のプロフィールを見てみることにしました。出てきたのは年の近い人気会員ばかりでしたが、なんというか、みんな、ニキビ一つない、綺麗な顔をしているし、私が撮ったのと似たようなフワフワしたフィルターがかかっている写真もありました。

・・・いや、みんな加工してない??

加工している人を責めている訳では全くありません。なんだ、私だけじゃないや、と少し安心できたのでむしろ良かったです。
加工とか、男性は嫌がるのかもしれませんが、女性の視点から加工を擁護させてください。今このコロナウイルスのせいでマスクを付けないと外を歩けないじゃないですか。でもマスクをすればどうしてもマスクの跡が残ってしまうし、化粧も崩れてしまいます。そんな中で、加工無で、綺麗に化粧を保ち、挙句に緊急事態宣言まで出ていて外出も歓迎されない中で趣味まで楽しんでいる1枚なんて、寧ろどうやって撮るの?と疑問に思ってしまいます。
それに、今回体験してみて分かったのは、加工も楽ではない、という点です。マッチングフォトの写真を加工しているとき、どうしたら自分をよく見せられるだろう、と自分なりに一生懸命試し、あの加工に辿り着きました。加工も、いい加減な気持ちでやっていても美しく出来上がるはずがありません。というか、自分を美しく見せる、という観点から考えてみれば、もしかしたら加工は「美容」と似たようなものなのかもしれません
さらに、自分の写真を加工したことで、「どうしたら、もっと綺麗になれるか」が明確になり、今まで以上に美容に力を入れよう、と思うことができました。確かにマッチングアプリで使うと本当の顔が分からなくなり、不信感を与えるかもしれないというデメリットはありますが、個人的に撮った写真を加工をすることは自分に良い影響を与えそうだな、と感じました。

正直に言ってしまうと、今まで「写真をこういうカメラアプリで加工している男性はちょっと嫌だな」と思っていたのですが、今回のマッチングフォト、自撮りを通して考え方が変わりました。加工しなきゃ、と思っている男性はきっと美意識が高いだろうし、そこまで嫌うことはないな、と思いました。猫耳とかひげとか、顔自体が見えなくなるような加工でなく、肌の補正や、口角の調整等であればむしろ男性女性問わず積極的に加工して、マッチングアプリに載せた方がメリットがあるし、加工が批判されていたのはとうの昔なのだと思いました。

4年マッチングアプリをやっているのに、今更そんなことに気づきました。時代は、どんどん移り変わっていくものですね。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

 

以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

【足跡・いいね数大公開】マッチングアプリの自己紹介文、長く書く?短く書く?アプリ歴4年の私がそれぞれのメリット・デメリット挙げてみた

先日、Twitterで宣言したようにマッチングアプリ「with」自己紹介文を新しく変更してみました。24時間で、どれだけいいね!と足跡が増えるのか検証していきます。

 

 まず、訂正前のプロフィール文はこちら。

はじめまして、こんにちは。
神奈川県出身で現在は東京に住んでいる○○と申します。
お話するのも大好きですが、聞き役が多いです。
楽しそうにお話する方は素敵だと思います。
いずれは将来のことも考えられたらいいな、と思っています。
お互いのことをたくさん理解し合いたいです。
仕事は○○系の会社で事務職をしています。
休日はBTSのバラエティ番組を観て過ごしています。

 ええ。短いんです。いくらなんでも、やる気がなさすぎる。

「with」を始めた当初23歳のときはこんな短い文章でもいいね!が沢山来たのですが、今はマッチングアプリが比較的ポピュラーな出会い方になり、昔より競争率が上がったのと、私が年齢を重ねてしまったため昔よりいいね!の数は減っているような気がします。しかも、仕事・休日についての2行以外の文章は、全て「with」の自動作成文を使って書いています。

f:id:momokoara0402:20210726015425p:plain

こんな感じで、選ぶだけで文章まで自動で考えてくれます。

私みたいな自己紹介をするのが面倒臭いと思っている人も、これならすぐに作成できます。今まで様々なマッチングアプリを使ってきましたがその中でもかなり使いやすいと個人的に思っています。

 

「with」の自動作成機能を使用して書いた自己紹介文を使った結果、7月25日1時-7月26日1時までの間のいいね!数は25件、ついた足跡は216件でした。

 

そして、Sさんとのやり取りの際、「いい人を探せるよう頑張る」と宣言してしまった私は、この短すぎるプロフィール文を見て反省し、「with」の自己紹介文で記載することのできる最大文字数1,000字でさらに詳しい自己紹介文を作成することにしました。

Sさんとのやりとりはこちらからどうぞ。

 

momokoara0402.hatenablog.com

 

そして、ざっとネットでどんな項目が必要なのか確認し、作成した文章がこちら(総製作時間4時間)。

プロフィール読んでくださってありがとうございます。
○○と申します。
今年で26歳になりました。大学卒業後、○○系の会社で事務職をしています。
出身は神奈川県で、今年の5月から東京で一人暮らしを始めました。
【仕事】
普段はお客様との電話対応や、デスクワークをしています。事務職と聞くと受け身で働いているイメージを持たれがちですが、自分で考え、アイデアを出して工夫しながら取り組んでいます。辛いこともありますが、私なりに情熱をもって働いています!
【趣味】
韓流ドラマを観たり、韓国の書籍を読むのが好きです。 最近では、BTSのライブ映像や、バラエティを観て過ごしています。BTSを観ている理由は、今を全力で生きている人の姿を見ると、とても刺激になるし、励みになるからです。
韓国のドラマは特にラブロマンス系が好きです。韓国のドラマと書籍は「喜怒哀楽」を大事にしているものが多く、私の抱いている感情に近い気持ちが表現されていて、とても共感できるから好きです。
【アプリを使っている理由】
結婚に対して不安がないと言ったら嘘になります。でも不安なままにしていても何も変わらないし、むしろ逆に結婚に挑戦していくべきだと思ったので始めました。職場で公私混同するのは嫌だけど、それ以外だと出会いがないので登録してます。
【私の恋愛観】
基本的に一目惚れや、第一印象で好意を抱くことが多いです。
また、好きになった相手に対して「他人」という感覚よりも「もう1人の自分」という感覚を抱きます。相手が危ない目に遭えば自分のことのように心配になりますし、相手が幸せでいるなら、私も同じように幸せな気持ちになると思います。
【他人から見た私】
裏表がない、意外と姉御肌なところがあるよねとよく言われます。
【私から見た私】
どちらかというと興味の幅が狭く、人間関係も狭く深く構築していくタイプです。
【どんな人と出会いたいか】
身長が170cm以上の人と出会いたいです(それより低い人を否定している訳ではないのですが、嘘を書く方が失礼だと思っているので書いてます)。
また裏表がなく、責任感のある人が好きです。
さらに、自分の考えをしっかり持っていて、それを自分の言葉で表現できる人、表現しようとしている人に凄く魅力を感じます。
ここまで読んでくださってありがとうございました!
いいね!お願いします!

 

ええ。めっちゃ長い。果たしてこんなに自分語りして良いのだろうか。長すぎて読む気が失せる人がいるかもしれませんが、そんなことはお構いなしに書いてやりました。過去のブログ記事を見返したり、必要項目をネットで確認しながらまず自分の価値観と相手に求めることを紙に書き出し、それから実際にパソコンで打って完成させてみました。それでも実際は1,000字で入りきらなかったので、泣く泣くカットしたところもあります。書かずにはいられないので、以下に作成時のこだわりを書かせて頂きます。

絵文字が無いので読みづらさはあるかと思いますが、普段LINEでそんなに絵文字を使う方ではないし、それに文字数を取られるくらいなら文章で自分をアピールしたかったので、敢えて入れてません。

また、【私から見た私】の項目が必要なのか分かりませんが、私がこの内容を書いておきたかったので、後悔はありません。

【私の恋愛観】の項目は、私のお気に入りの項目です。「好きになった相手に対して『他人』というより、もう一人の『自分』という感覚を抱く」なんて、めっちゃロマンチックじゃないですか?実は「力の強い女トボンスン」という韓流ドラマでこのセリフが出てきて、感銘を受けたので真似して使っています。文字数が足りなくて、インスパイアされた旨を記載できなくて本当に残念です。

そして、極めつけの最後の「いいね!お願いします!」もポイントです。ここで、いいね!するか迷っている人の背中を最後に押すことができるはずです(あくまで私の見解です)。

 

長々と書きましたがこれならとにかく本気なのは間違いなく伝わるのではないか、と思っています。

ここで、自己紹介文を長く書くことでいいね!と足跡の数はどう変化するのだろう、と疑問に思いました。なので、自分なりにいいね!の数と足跡の数を集計してみました。
 
私は7月26日1時20分にプロフィール文章を変更しました。
そこからの1日ごとのいいね!の数と足跡の数を集計しています。 
足跡の履歴から調べたので一度いいね!している人の足跡は、1件のいいね!にカウントされてしまっています。また、同じ人が何度も付けた足跡等ダブっているものを特に意識せずに集計しました。あくまで目安だと思って頂ければ嬉しいです。

  いいね! 足跡 予定の有無
変更前 7/25(日)1:00-7/26(月)1:00 25件 216件 1日休
変更後 7/26(月)1:09-7/27(火)1:09 10件 125件 ~19:00仕事
7/27(火)1:09-7/26(水)1:09 8件 77件 ~18:00仕事
7/28(水)1:09-7/29(木)1:09 17件 139件 ~18:00仕事
7/29(木)1:09-7/30(金)1:09 18件 128件 午前写真撮影/午後休
7/30(金)1:09-7/31(土)1:09 4件 45件 ~19:00仕事
7/31(土)1:09- 8/1(日)1:09 5件 54件 ~18:00仕事
8/1(日) 1:09- 8/2(月)1:09 10件 116件 1日休


結果・・・
いいね!の数も足跡の数も減ってしまいました(´;ω;`)

ただ、25日がオリンピックの関係で祝日であったことでそもそもログインしている男性の数が違った可能性はあると思います。
また、私自身も25日は一日休みで頻繁にアプリを開けており、長時間ログイン中であったためいいね!と足跡が多かったのかもしれません。

加えて私自身連休であった先週よりも今週は残業時間や出勤日数が多かったためあまりアプリを確認できていなかったというのも大きく関係しているかもしれません。


プロフィールの文章を更新していいね!も足跡も減ってしまったけれど、それでも私は自己紹介文を更新することには意味があると思いました。

自動作成使った自己紹介文、そして短く自己紹介文を作成したときのメリット、デメリット、そして私のようにMAX1,000字使う長い自己紹介文を作成するときのメリット、デメリットを全て挙げながら上記の考えに至った理由を説明していきます。

●「with」の自動作成を使って自己紹介文を作成する・短く自己紹介文をまとめる
メリット
①必死に恋人・結婚相手探しをしている感を感じさせないため、カジュアルに恋人探しができる
②自己紹介文を敢えて短くすることでマッチした後に話す話題を残しておくことができる
③情報を小出しにすることでもっとこの人を知ってみたい、と興味を抱かせることができる

  

●「with」の自動作成を使って自己紹介文を作成する・短く自己紹介文をまとめる
デメリット
 ①本気で恋人探しをしている場合、その熱意が伝わらない
 ②いいね!をもらっても相手が本当の自分を知っても尚良いと思ってくれるか分からないため、マッチしても不安を感じる
 ③自己紹介文に載せる情報が多すぎるため、マッチした後に話す話題(持ちネタ)が減ってしまう
 ④文章が短すぎるため、解釈の違いが生まれ、誤解を生むことがある

 

●自己紹介文を1,000字書くことのメリット
 ①本気で恋人を探していることが伝わる
 ②いいね!してもらえたとき、こんなに長い文章を読んでいいと思ってくれたと思うと嬉しいし、「本当の自分を受け入れられている感」を感じる
 ③自分の思いを余すことなく書ききることができる
 ④きちんと書くことによって相手に誤解を与えることがない
 ⑤本気で恋人探しをしている男性からいいね!が貰える可能性が高い(30代以上の男性が増える)

 

●自己紹介文を1,000字書くことのデメリット
 ①本気で恋人探しをしていることを明らかにするのでカジュアルに恋人探しをして
いる相手とはマッチしなくなる

 ②20代の男性の割合が減少するので20代女性が1,000字書く場合は相手にジェネレー
ションギャップ
を感じる可能性がある
 ③短い自己紹介文を書いていたときよりいいね!と足跡の数が減る可能性がある

 

簡単に言ってしまうと、自分がどういうやり方で恋人探しをしていきたいと思っているか、が一番大切と思います。

「結婚を本気で考えていない男性も含めていろんな人とやり取りしたい!」「20代の男性を中心に探したい」と思うのであれば短い自己紹介文を作成するのがおすすめです。
普段から沢山の人と広く浅く人付き合いをしていける人はこの方法で大丈夫なのだと思います。
でも私はいろいろな人と同時にやり取りをしたり、凄く忙しくて心の余裕がない状態でやり取りをしすぎると、正直結構疲れてしまいます。そしてそんな中で無理して自分を追い込み、自分自身を見失ってしまうことでネットワークビジネスに引っ掛かってしまったこともあります。
私がマルチ商法に引っ掛かりそうになってしまった話はこちらからどうぞ。

momokoara0402.hatenablog.com

私自身は良く知らない、沢山の人に同時に興味を向けることがとてもストレスだし、そのストレスによって自分をどんどん追い詰めてしまうと気が付きました。なので、3年前にやっていたがむしゃらにやり取りし、会いまくる方法は思い切って諦めることにしました。がむしゃらにやり取りをしていた以前の私は、女として、社会人としてきちんとできていない自分を追い詰め、いつも泣いていました。今となっては、そんな毎日泣くくらい辛い思いをしなくて済む、自分にとって長続く続けられそうな方法で恋人を探していきたいのです。

今はコロナウイルスの影響もありますし、がむしゃらに数を増やして出会うよりも、自分のペースで出会い、1つ1つの出会いの質を上げていく方向で頑張りたいな、と思っています。だから、いいね!と足跡の数が減ったとしても、自分に合わない人や、傷つけてくる人に会い、自分を消耗することがなく、最初から自分を受け入れてくれそうな男性を見つけていく方法を選択することに決めました。


私は今も恋人ができていないのでとても恋人探しに成功したと言える人間ではありませんが、そんなにがむしゃらに会いまくり、無理して頑張って作った恋人は、長い目で見て自分に幸せをもたらしてくれるのだろうか、と思ってしまうのです。
だから、ネットによく溢れているとにかくがむしゃらに頑張れば恋人ができる、という記事を読んだりとか、20代のうちが華なんだから、とにかく急いで恋人を作れ、と言われて焦っている人に、私の記事が届いたら良いな、と思います。

頑張り方なんか、人それぞれだし、確かに言われた通りがむしゃらに恋人探ししてみても得るものはあると思います。でも、もし少しでも自分に合わないと感じたら、一度立ち止まって自分を内省してほしい、と思います。もしあなたが「幸せになる」ために恋人探しをしているのであれば、合わないやり方を続けることは本来の目的から外れているこのではないかと思います。
本当に大事なのは、自分に合うやり方を見つけて、細く長く恋人を探していくこと、その中で自分自身をきちんと理解していくことなのではないでしょうか。

こまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

[https://twitter.com/hjkt0402/status/1419323017633492995:embed#プロフィール文を新しく考え終わったので、あとは今のいいね、足跡の数を数えて、さらにプロフ文を変更してどのくらい増えるのかを検証しよう。とりあえず、1日でもらったいいねと、足跡の数で記事を挙げてみようと思う。

 
以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

 

 

【ガチレビュー】マッチングフォトでマッチングアプリのプロフィール写真、撮ってもらってみた

私は、先日マッチングアプリで出会った男性Rさんに「プロフィールの写真は、いつの写真ですか?」と聞かれ、「3年前のものです」と答えたところ、ドン引きされてしまったのでした。
そのときの話はこちらからどうぞ。

momokoara0402.hatenablog.com

ショックを受けた私は新たにマッチングアプリのプロフィール用写真の写真を用意することに決めました。前からプロのカメラマンに撮影してもらってみたい、という気持ちがあったので「マッチングフォト」というサイトで、撮影の予約をし、当日までに髪型、メイクを済ませて撮影日を心待ちにしていました。マッチングフォトを予約した話はこちらからどうぞ。

momokoara0402.hatenablog.com

 
そして私は7月29日13時から原宿で撮影の予約をし、遂にその日がやってきました。
当日朝6時にショートメールで「カメラマンの○○です。本日は13時に原宿駅でお待ちしてます!」とカメラマンの方か連絡が来ました。
その日生活リズムが狂いまくってたまたま起きていた私は、随分早くに連絡してくるんだな、まあ、後で支度しながら返信するか、と返信を先送りにしたのでした。
私はいつもに増して疲れており、前日風呂に入ってなかったので朝7時くらいにダラダラと風呂に入り始め、少し仮眠を挟んで10時くらいにようやく支度を始めたのでした。

私は重い体をなんとか引きずるようにして日焼け止めを塗り、嫌々ファンデーションを塗り、眉毛を描き、アイシャドウを付け、リップを塗ったのでした。
コロナが流行り始めてからきちんと化粧をしなくなってしまったので、マスカラや、コンシーラーは家にありませんでした。
どうして買っておかなかったんだろう、と少し後悔しながらも、まあ、普段してる化粧で撮った方が写真と実物が近くなるからいっか、くらいにしか思っていませんでした。
私は一応ハンカチと、化粧直しに必要な化粧一式を入れたポーチを鞄に入れ、慌てて新しく買った靴を箱から出し、さらにすっかり忘れていたカメラマンさんへの返信もしておきました。

ドタバタしながら支度をしているうちにあっという間に出発時間になり、私は家を出たのでした。
そして集合場所である原宿のIKEA前に到着しました。まだカメラマンさんらしき人は見当たらなかったので、近くの@cosmeショップに入り、少し涼んだりしていました。
そうこうしている間にカメラマンさんから「到着されましたらご連絡ください!自分は金髪で赤いTシャツ着てます!」とまたショートメールが来ました。

え、金髪に赤シャツ…??人を見かけで判断してはいけないのは頭では分かっていますが、なんかちょっと、ヤンキーっぽい人なのかも、と思い私は少しドキドキしていました。
そして改めてIKEA前に行ってみると、金髪で赤いシャツを着て、丸いサングラスを掛けた一見怖そうな男性がIKEA前のバス停の辺りに立っていました。
私は少しビビりながら、その男性に近づくと、その男性も待ち人が私であると気づいた素振りを見せながら近づいてきたのでした。

そして、男性から「こんにちはー。カメラマンの○○です。」と言いながらサングラスを外しました。私は、動揺が止まりませんでした。
サングラスを外したその顔が、あまりにも整っている美少年顔だったからです。
その男性は20代くらいの、背は高いけれど(180cmないくらいかもです)瘦せていて色白、見た目は金髪で派手ですが話してみると少し内気そうな男性でした。
カメラマンさんは、会話の途中で一回BTSのVに似ていると言われたことがある、と言っており、確かに少し似ていたので、この後からVさんとします。
日本人で金髪が似合うのは、手越祐也くらいだと思っていたのですが、Vさんも、負けず劣らず似合っていました。色白の肌、そして金髪の髪が、色素の薄いような、透明感のあるVさんの美しさをより一層際立たせていました。

私はまさか、こんなところでイケメンに出会うなんて…と動揺していました。さらに私は、カメラマンさんに会った途端、すごく恥ずかしくなってしまったのでした。自分の魅力を伝える写真を撮ってもらうためには、初対面のカメラマンさん相手に自分をさらけ出さないといけません。初対面で人見知りの私は、まるで着ている服を脱いで全裸を見せなければいけないような(←いや違う)、そんな気持ちになっていました。そう思った瞬間、なんだか照れくさいような、気恥ずかしい気持ちになってしまいまったのですそんな考えが浮かんだ自分に呆れていると、Vさんから話しかけてきてくれました。
「(2人きりだし)緊張しちゃいますよねー。とりあえず、いい撮影スポット知っているのでそこに行きましょう」とのことでした。


その撮影スポットに向かいながら、「今日はどんな写真にします?」と聞かれたので「緑の多いところで撮影したいです」と答えたところ、「今屋内に今向かってしまっているけれど、一応おすすめの場所も見てから、屋外に向かいましょう」という話になりました。
一応、Googleフォームで自然が背景になるように書いたのに、Vさんに伝わっていないのかな?と疑問に思ってしまいました。でも今聞いてくれたから結果オーライだよね、ととりあえず一旦受け流し、屋内の撮影スポットに向かったのでした。

そして屋内の撮影スポット(商業施設の中?)に着いたのですが、コロナの影響で閉鎖されており、結局入れませんでした。なので、場所を変えて、原宿の神社で撮影をすることになりました。
…が、ここもコロナの影響で立ち入り禁止になっており、神社の入口のすぐ傍の少し緑のあるところで撮影しました。Vさんは、「前は入れたのになー」と言っていましたが、私的には、え、、撮影場所のリサーチって私がした方が良かったのかな?そんな連絡来てなかったけれど…と少し不安に思ってしまっていました。


外はかなり暑く、私は最初はなんとか化粧を直し、汗を拭いて写真を撮ってもらいました。そして撮影が始まりました。「普段休みの日どんなことしてるんですか?」とか、向こうから話しかけてきてくれるのでそれに応えながら撮影してくれました。
でも、あまり自分的には笑顔になれていない気がして、少し心配になり始めていました
私的には振袖の撮影のときのように、「わー!!めっちゃいいね!!」とか「超かわいいね!!」気分をもっと盛り上げながら撮影してくれると思いこんでいたので、なんか、思ってたのと違う…と思い始めていました。(一応「いいですねー。」とかは言ってくれていたけれど…。)今思うと、カメラマンさんの中でも気持ちを盛り上げてくれるタイプや、Vさんのように普通に話しながら撮るタイプなど、カメラマンさんによって撮影のスタンスが違っているだけなのだと思っています。

さらに、Vさんは撮った写真をカメラの画面で見せてくれましたが、画面が小さくてよく見えませんでした。それでも頑張って確認してみると、「え、、?あんまり盛れてなくない?」と内心思ったのですが、Vさんが「加工とかすればもう少し良い感じになると思うので」と言うので、今確認してもしょうがないのかな、と思い、確認を怠ってしまっていました。
ここで撮影した写真はこんな感じです。

f:id:momokoara0402:20210802013407j:plain

一つの撮影場所で上半身と

f:id:momokoara0402:20210802013756j:plain

全身です。基本どちらも撮ってくれていました。
首の傾け方とか、指示された通りにしただけなのに、かなりいい感じ。流石プロです。

そして神社の近くでの撮影が一通り終わり、次は大きなビルの前で撮影が始まりました。
私は最初の撮影スポットでは真面目に化粧を直していたのですが、この2つ目のスポットからあまりに暑いのと、疲れ始めてしまったのもあって化粧直しをさぼってしまっていました

ビル前で撮った写真はこんな感じです。

f:id:momokoara0402:20210802014442j:plain

上半身と(2重アゴ気になる)

f:id:momokoara0402:20210802014132j:plain

全身です

初めての経験なので少し不安な点はありましたが、撮影の雰囲気自体はまるで写真の上手い男友達に撮ってもらっているような、アットホームな空気感でした。他に人もいないし、結構気楽でもありましたし。さらにVさんは詳しい年齢は分かりませんが、マッチングフォトの中で一番若いカメラマンさんのようで、おそらく私とさして年齢は変わらないのでしょう、話していてジェネレーションギャップを感じることもなく(BTSもすぐ分かってくれたみたいだし)人見知りの私でも接しやすかったな、と思いました。撮影中に「金髪に赤シャツって最初伝えたから、怖がられちゃうんじゃないかと心配してたんです」と話しており、案外そういうの気にするんだ、とちょっと可笑しく思った私は「本当に怖い人かと思いましたよー(笑)。」とコミュ障なのに無駄にダルがらみしてみたところ、 Vさんは爆笑していました。Vさん自体、私が全然喋らなくても全く気にしておらず(お客さんは大体そうだからなのでしょう)、出会い系の男性達のように気まずくてたまらない、という空気を全然出す人ではなかったので、私は少し安心していました。

そしてビルの前での撮影も終わり、良く考えたら屋内の写真も少し欲しいな、と思ったのでまた最初に案内された屋内の商業施設の中に向かいました。

向かう途中、もう一つ撮影スポットがあると教えてくれたので、カフェ近くの植木(?)の前でも撮影してもらいました。

f:id:momokoara0402:20210802014731j:plain

顔疲れてるなあ。化粧崩れてしまっている…

f:id:momokoara0402:20210802021456j:plain

少し下のアングルから全身も

屋内の撮影スポットに向かう途中、やっとVさんと少し打ち解けてきたので、思い切って「こういうアプリのプロフィール写真の撮影のお客さんって、40代とかが一番多いんですか?」と聞いてみました。Vさんは、「いや、年齢は本当に幅広いですよ。僕の前務めてた1個上の会社の先輩の撮影も担当したくらいですし。」と答えてくれました。確かにHPで20代の口コミが載っていたけれど、本当に若い人も普通に撮ってもらっているんだな、と意外に感じました。
さらにVさんは一年前コロナに感染してしまったことや、地元のラーメン屋にコロナが流行っているのに深夜に行ってしまう、という話、加えてVさんは漫画やアニメが好きだそうで、「最近読んだ中で何が一番面白かったですかー?」と聞くと、「やっぱワンピースです!!」と教えてくれました。

Vさんは恐らく20代後半だと思うのですが、気取った感じもませている感じもなく、とてもピュアで、少年のような人でした。顔だけでなく、そんなピュアで少年のようなところも含めてBTSのVに似ていると言われていたのだろう、と個人的に思っていました。

そして屋内の撮影スポットに到着し、少し撮影できそうな場所を見つけて撮影しました。

屋内撮影スポットの写真はこんな感じです。

f:id:momokoara0402:20210802022047j:plain

敢えて目線少し目線を外して撮ってくれたのだと思います。
ここのスポットはこの上半身の写真だけです。

この上の写真を撮って、撮影は終了しました。Vさんは「この後予定ないので、納得いくまで付き合います」と言ってくれたのですが、私は初めての撮影だったのでこれ以上こういう風にしてほしい、という希望が思いつきませんでした。なので「今日はこれで大丈夫です」と私が言い、この日は解散したのでした。

そして撮影の次の日、マッチングフォトのLINEからメッセージが届きました。
内容は、「送ったURLから写真をダウンロードしてください。もしよろしければアンケートにお答えください」とのことでした。

私は言われた通り、指定のURLから写真をダウンロードし、アンケートに答え、マッチングフォトとのやりとりを終えたのでした。
私はスタンダードプランを選択しており、納品枚数は15枚とHPに記載があったので貰える写真は15枚なのだと思っていました。でも、加工済写真4枚(内加工の仕方が違うだけのもの1枚)と、加工無の写真が56枚入っていました。1枚、男性が選んでくれた写真のみ顔を綺麗に見せる加工がされているものと、同じ写真で普通の加工だけを施したものが入っていました。もちろんこの約60枚の中には同じポーズのものもありますが、同じポーズでも表情が違うので、多く貰えてとても満足です。

実は、写真を受け取って中を開いたときは自分が昔より老いた挙句に太ってしまったことに気づき、ショックを受けてしまい、数日落ち込んでいました。
でも、ブログに挙げるために再度PCに入れて確認していると、今プロフィールに載せている写真よりいいじゃん、と思っています。

もし、これからマッチングフォトで写真を撮ってみよう、と思う方に言いたいのですが、もし夏に撮影するのであれば必ずタオルでこまめに汗を拭きながら撮ってください。また、女性であれば、今はコロナで撮影場所を変える際、必ずマスクをするので、化粧が崩れてしまいます。必ず撮影前に化粧直しをしてください。一眼レフなので、化粧崩れもかなり鮮明に映ってしまいます。あと、私はマスカラでまつ毛をちゃんと盛ればよかった、と後悔しているのでアイメイクはさぼらず徹底的にして撮影の臨んだ方が良いと思います。

そして最後に、夏の撮影は思った以上に過酷なので、時間と心の余裕があるときに撮ることをおすすめします。
私はただ写真を撮るだけでしょ、そんなに大変じゃないって、と思い、結構舐めてかかっていました。ですがカメラマンさんと自分だけで撮影するので、暑い中自分で汗をきちんと拭かなければいけないし、化粧だって崩れているか自分で確認しなければいけませんし、一番大事な写真の出来だって確認しなければいけません。45分間の撮影でしたが、体力のない私はくたくたでした(笑)。


これからマッチングフォトで撮影する人にとって少しでも参考になれば嬉しいです!

ここまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

 

以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

 


マッチングアプリのプロフィール写真、初めてプロに撮影依頼してみた【マッチングフォト予約編】

先日、マッチングアプリのプロフィール用の写真撮影の予約をしました。

私がきちんとした写真を撮ってもらおう、と思ったきっかけは、最近オンラインデートしたRさんにプロフィール写真がいつ撮ったものであるのか聞かれて罪悪感を感じてしまったからです。Rさんとの電話・オンラインデートについてはこちらからどうぞ。 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

 
正直、Rさんに写真のことについて聞かれたことを私は結構気にしてしまっていたためやけくそになって予約した、という部分もあります。ですが、画質の良い、顔がきちんと分かる写真を用意して臨むとどのくらい恋活がしやすくなるのか気になっていたこともあり、今回思い切って予約してみました。

私が予約したのは、こちらのマッチングフォトという、マッチングアプリ用プロフィール専用の写真を撮ってくれるサイトです。

matching-photo.com


マッチングフォトに決めた理由は、マッチングアプリ用の写真を専門で扱っているのでアプリ用の写真のプロであるカメラマンさんにお願いでき、求めている写真のイメージが食い違うことはなさそうだと感じたからです。さらにマッチング数が1つも増えなければ全額返金してもらえる制度があるので、良い効果が得られる可能性が高そうだ、と思えたからでした。

以前もプロにお願いして撮ってもらいたいな、と思ってネットで調べたことがあったのですが、その時はアプリ用の写真だけでなく、家族写真等もやっているカメラマンに依頼するサイトが沢山検索で出てきたのです。ですが家族写真を依頼する人もいる中でアプリ用の写真が欲しいと伝えるのが少し恥ずかしかったので予約には至りませんでした。さらに「タイムチケット」のように個人のカメラマンに頼む方法を採っているサイトもあったのですが、人気のあるカメラマンはかなり混みあっていて撮影日が先になってしまうことが多かったのと、そもそもカメラマンが多すぎて誰にお願いしたら良いのか迷ってしまい、優柔不断な私は決めきれずに予約する前に挫折してしまったのでした。

しかし、マッチングフォトは写真の枚数、ヘア、メイクの有無等によって何個かプランが分かれているだけでカメラマンを選ぶ必要がなく、選択肢が多すぎて選ぶのに骨が折れることはあまりないように感じました。なので、どうしてもカメラマンを指定したい、という方には向かないと思いますが、私のように優柔不断な人にはオススメです。
オススメなのですが、撮影前に登録・提出が求められるものが思っていた以上に多かったので、ざっと一通りまとめておきます。

撮影前に登録・提出が必要なもの
●プランの選択・オプションの有無
●撮影日時(第1~第3希望日まで)
●撮影場所(東京・神奈川等。確か指定も可)
●メールアドレス・支払い方法
マッチングフォトのLINEの友達登録
撮ってほしい写真のイメージ(文章)
当日着て行く洋服の写真
自分のイメージ写真


そう、プラン選択、日時等の基本的な情報のみでなく、LINEの友達登録、撮ってほしい写真イメージ、当日着て行く写真、自分のイメージ写真も必要になります。

以下、私がどのように予約を進めて行ったのか書いていきます。

●プラン選択
私は、スタンダードプランという、撮影時間45分、納品枚数15枚、異性に最高の一枚を選んでもらうというオプションをつけて、合計¥10,780のプランを予約しました。

●日程・場所
予約日の次の週にすぐ予約を取ることができ、予約場所も東京都内、神奈川県等から選ぶことができたので、私は家から一番近い、原宿を選択しました。

支払い
AmazonPayに対応しているので、クレジットカードや自分の情報を入力せずに済み、スムーズでした。

●LINE友達登録・撮ってほしい写真イメージ・当日着ていく服の写真・自分のイメージ写真

予約した際登録したメールアドレスにマッチングフォトのLINEの友達登録と、Googleの入力フォームに撮ってほしい写真のイメージを文章で書き、さらに当日着て行く洋服の写真と、私のイメージが分かる写真を載せてくださいという旨のメールが来ました。
LINEの友達登録は、写真データをLINEで送るので登録が必要なようです。

20歳のときの振袖、学校時代の集合写真くらいしかプロのカメラマンさんに撮ってもらったことがなかった私にとってどんな写真を撮りたいのか考えるのは結構難しかったです。
悩んだ挙句、撮りたい写真のイメージは自然を背景にした写真、そしてその他の要望のところに爽やかさが伝わる、笑顔の写真を撮ってほしいと書いておきました。ちなみに自然を背景にした方が良いと思った理由は、Googleフォームの記入例にあったのと、背景が自然の方が爽やかがアップしてなんかモテそう、という曖昧な理由です(笑)。
さらに、当日着て行く写真はこんな感じでアップしました(部屋が汚くてすみません)。

f:id:momokoara0402:20210730004110j:plain

Amway勧誘のAさんと遊びに行く用に買ったけれど着なかった服(笑)。

そして、自分をイメージする写真は、もともとマッチングアプリに登録してある写真を載せました。訳あって同じ写真をここには載せることができないので、イメージが湧くよう、代わりの写真を載せておきます。

f:id:momokoara0402:20210730005117p:plain

俺様男編のバンジージャンプのときに撮っていた写真

こんな感じで写真をGoogleフォームに2枚写真をアップしました。

必要事項の登録、写真の提出が多く、正直少し手間がかかりましたが、こんな風に撮ってほしい!というイメージをあらかじめきちんと持っておけば、私のように慌てて決めなくて済むと思います。


ただ、ヘアメイク、衣装を自分で準備するのは結構手間がかかったかな、と思うのが正直な感想です。私もヘアメイク付のプランで予約していないため、当日までに自分で美容院を予約し、新しく靴を購入しました。楽しかったけれど、その分時間がかかってしまったかなとは思います。
マッチングフォトでもファッションコーディネートを行ってくれるプランはありますが、衣装代は自己負担のようなので、衣装だけはどのプランでも頑張って買いに行くしかないようですね。

なんとか準備を済ませ、私は撮影に挑んだのでした。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

 

以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

 

momokoara0402.hatenablog.com

 

momokoara0402.hatenablog.com

【私と一緒に、わくわくしながら恋愛してみませんか?】一度連絡が途絶えたRさんに連絡してみた結果…!

私は、最近マッチングアプリでマッチしたラーメン大好き26歳Rさんと電話、オンラインデートを済ませ、その後少しやり取りしただけで連絡は途絶えてしまっていたのでした。

Rさんとの電話・オンラインデートの話はこちらからどうぞ。 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

オンラインデートの後、私は次第にRさんへの劣等感に苛まれ、いつしかRさんを気にかけること自体がとても苦しく感じるようになってしまったのでした。
しかし以下の記事でとある本から学び、編み出した考えによりそんな劣等感に打ち勝った私は、勇気を出してRさんに連絡してみることにしたのでした。

私が劣等感に打ち勝った話はこちらからどうぞ。

momokoara0402.hatenablog.com

 
どうせどんなに頑張ってもRさんの社会的地位や、学歴が手に入るわけじゃないのだ、と気づけた私は、もっと肩の力を抜いて自分らしくしていよう、それにそんなにRさんが気にかかるなら連絡すればいいじゃないか、と思い、上記の本を読んだ翌朝(というか朝方まで読んでいたので読み終わってすぐ)、「with」のメッセージ機能でメッセージを送ることに決めたのでした。

昨日Rさんの「また俺から連絡します」という積極的なメッセージに、「ぜひぜひー!」というやる気のないメッセージだけで返信し、あなたに興味ないアピールをしてしまった私は、どう連絡したら良いものか、とても悩んでいました。
悩んだ後、とりあえず朝だし、当たり障りない天気の話をすることにしました。そして、Rさんが毎朝ランニングをしているというので、その話も絡めて話しかけることにしました。

私は、「おはようございます!今日ちょっと雨降るみたいですね!今日も走りに行くんですかー?」という、いろいろ考えた割に質の低すぎる質問を最終的に投げつけたのでした。
Rさんから1時間くらいして「雨が凄いので転職に向けての面接をしています」と返信が来ました。
え、もう面接なんだ、と内心驚きながらも、「始業前に偉すぎます…!面接いつなんですかー?」と聞くと、「今日の15時からです」とのことでした。
いや、今日なんかい。と内心驚きつつも、「頑張ってくださいー!」と送り、さすがに今日の今日じゃ準備で忙しいだろうと思い、Rさんから「ありがとうございます」と返信が来たのを確認してからやり取りを終えたのでした。
私は、夢に向かって頑張るRさんを応援できて満足し(完全に自己満足)、やっぱり、連絡して良かった、と思いました。興奮のあまり、Twitterで呟いてしまっていました。



ちなみに、どちらからもタメ語で話そうと切り出してないので敬語でやり取りしてます。Rさんは今年27歳になるので私の1個上だから全然タメ語で話してくれて良いんですが、なぜか言うタイミングを逃してしまっています。次機会があれば伝えてみることにします。


15時から、と言っていたので16時-17時くらいに「面接どうでしたー?」とまた連絡してみようかな、と思っていたのですが、いざ連絡しようと思うと、もしかしたらあまり手応えを感じてないかもしれないし、そうだったら申し訳ないなと思い始め、勇気を振り絞り切れず、私は結局連絡できなかったのでした。

あれから、2日経ちますが、Rさんから連絡は特に来ておらず、私からも連絡していないのでやり取りは完全に途絶えている状態です。
この2日間、Rさんからの連絡を少し期待する気持ちと、やはり自分とRさんは性格が合わないのではないか、と不安に思う気持ち、でも性格が合わなかったらRさんにこだわらずにまた探せばいいや、など、さまざまな気持ちが入り混じった状態で過ごしています。
連絡する前のように、自分とRさんを比べて劣等感のあまり辛くなってしまうことは無くなりましたが、やはり「完全に自分にだけ関心を向ける」ことはできませんでした。さすがにそんないきなり人間、変われないものですね。そして変われない私は、またyoutubeでタロット占いを見てしまったのでした(笑)。


www.youtube.com

 

毎度お馴染み、あんずまろん先生のご登場です。Amway勧誘の記事から見て下さっている方は少し気づいているかもしれませんが、あんずまろん先生の占いは最初のAmway勧誘のAさんが体調を崩すだろう、という件が当たっただけで、他は外れまくっています。どうして当たらないと分かっているのにまた見てしまうのでしょう。
そしてやはり「あなたに夢中になる人に7月から8月に出会うでしょう」という結果でした。

もしかしたら、私は好きな人の隣にいる将来の自分を想像するのを完全に辞めることはできないのかもしれません。
でも、自己否定が行き過ぎてしまうことがないくらいに、Rさんの隣にいるかもしれない未来の自分に思いを馳せるくらいなら、別に構わないとも思いました。
ちなみに、占いを見た後もRさんから連絡が来たら嬉しいけれど、来ないなら来ないで私達は合わないということだから良いや、という気持ちでいます。だから、私から連絡する気は今のところありません。私にも一応やることがあるし、そっちを優先させよう、という気でいます。

連絡をしないでいられる自分が不思議に思えてなりませんが、私は、「自分の時間も大事にしながら、さらに好意を抱いてくれる相手と一緒になってみたい」と思っているようです。Sさんとやり取りしているときは連絡をしなければ気が済まなかったのに、そんな自分の気持ちの変化に気づき、受け入れられたことに私自身も少し驚いています。

来るか分からない将来にときめきながら、自分の人生を充実させることに目を向けながら、自分の知らなかった一面と向き合いながら、様々な感情を、その感情を感じている全ての瞬間を楽しみながら、私と一緒に、遊ぶように、わくわくしながら恋愛してみませんか。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

 

以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

 

momokoara0402.hatenablog.com

 


 

 

【4年間辛い恋愛ばかりしてきた私が考える】好きな人から連絡が来ない、恋愛自体に疲れた人に考えてほしい3つのこと

私は、マッチングアプリ「with」で出会ったラーメン大好き26歳男性、Rさんと先日電話、オンラインデートを済ませ、これからRさんとの関係をどうしていくか、考えていました。

電話、オンラインデートの詳しい話はこちらからどうぞ。 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

 
オンラインデートの最後、最後にRさんは「この後用事があるのでそろそろ通話を終えたいです。また僕から連絡しますから」と話し、私は「分かりました!」と伝えて通話を終えたのでした。

Rさんは「いきなりLINEを交換するのは順番が違うと思うので、withのメッセージ機能でやり取りしましょう」と言っていたので、特に連絡先の交換はしておらず、マッチしてから今に至るまでアプリのメッセージ機能のみでやり取りをしています。

オンラインデートは1時間半くらいお互いのことを話したのでした。私は結構長い時間話したし、その中でRさんのことをもう少し良く知りたい、けど引っ掛かることもあるからやり取りを続けるか迷う、と思いつつも言われた通りに連絡を待つことにしました。

しかし、その日中にRさんから連絡が来ることはなく、連絡が来たのは次の日の夜でした。Rさんから「昨日はありがとうございました。またゆっくり話しましょう」というメッセージが来ました。私は連絡が来るまでの間、Rさんと関係を築く上で引っ掛かっていることについて考えていました。
考えていたのは、前回の記事でも書いた通り、

・新形コロナウイルスワクチンデマに振り回されるくらい、私は信じられる情報と信じてはいけない情報を見分けることができない人間だが、大丈夫なのか。

・私はRさんと、その元カノほど頭が良いと思えないのだが、馬鹿でも付き合ってもらえるのだろうか。

・将来子どもをつくって家庭中心に生きていくお母さんになれないかもしれない(働きたい)が、その点は尊重してもらえるのだろうか。


という点です。
答えが出ないためネットでいろいろ検索してしまっていました。ネットにはそんなに悩んでしまう時点で相手とは縁がないため別れましょう、と書いてあったためRさんと関係を続けていくべきではないと判断した私は短く「ぜひぜひー!」と返したのでした。

そしてやり取りはそこで途絶えたのでした。
私は、Rさんとこのまま関係を終わらせてしまって良いのだろうか、昨日かなり短くRさんと知ろうとする気が無さそうなメッセージを送ってしまって良かったのだろうか、とやり取りを終えた後でも考えていました。

悩みすぎた私は、Sさんに振られたときに勢いで買った恋愛指南本を手に取り、深夜から朝方にかけて一気読みしたのでした。
AV監督である二村 ヒトシさん著、「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」という本です。

 
以前「LOVE理論」を読み、書いてある通りに行動して後悔した私はこの手の本に書いてあることを鵜呑みにしてはいけない、と考えながらも、やはりなぜ私は自分を好きになってくれない人ばかり好きになってしまうのか知りたい気持ちに打ち勝てず、購入してしまったのでした。
過去「LOVE理論」「スパルタ婚活塾」の通りに行動することに決めた話はこちらからどうぞ。

momokoara0402.hatenablog.com


しかし、今回買った本は上記のようなモテるためのテクニックを紹介する本ではなく、辛い恋愛している自分を内省するために必要な思考法について書かれた本でした。
この本の要点を完結に書いてしまうと、

①あなたの恋愛が辛い理由
現在の自分を受け入れる(自己受容する)気持ちより理想の彼の隣にいる未来の自分の憧れる気持ち(=その自分に近づこうとする向上心)が強くなってしまっているから。
②自己受容ができていない状態とは?
自分の満たされない気持ち(心の穴)を他の人で埋めようとしてしまう。だから、自分の心の穴が自身を苦しめているのに気づかず、無意識に相手のせいだと思い込み、相手を憎んだりしてしまう。
③心の穴とは?
大人になるまでに親に開けられた穴であり、分かりやすい言葉に置き換えると「親の望み通りにできなかった劣等感」「十分に親に愛してもらえなかったさみしさ」「親に否定された怒り」「自分の行動が親を悲しませた罪悪感」などの気持ちである。

とのことでした。


私はこの本に書いてあることを活かしてRさんに対してなぜ引っ掛かっている点があるのか、どうしていったらよいか自分なりに考えてみることにしたのでした。

  • まず、①から、私は自己受容できているか?という点について考えました。

私はRさんに対して先ほど挙げた3点に加え、Rさんから連絡が来なかったためすごくもやもやしていました。
まず、Rさんに対して感じた上記3つの劣等感について考えてみました。
Rさんは普通の会社員である私より断然年収、学歴が高く、スペックが高いところに私はかなり劣等感を感じていました。さらに、オンラインデートで元カノが多額の借金を負っており、返済の予定が全く立っていないことに対して「普通に(自分が)考えたら利息が多くて返済できないと分かるはずなのに、なぜ分からないんだ」と言っていたことも引っ掛かっていました。Rさんは金銭的な知識についても豊富なようにも感じたのです。私は、そんな知的なRさんに引け目を感じていました。
そして、引け目を感じた私は恐らく賢い人が好きであろうRさんが今のところ私を好きになる可能性は限りなく低く、私がもっともっと頑張って勉強し、努力しなければ好意を抱いてくれないのではないか、と思っていたことに気づきました。
さらに、その気持ちから常に頑張って連絡を取っていないと私なんて忘れられてしまうのではないか、とも思っていたのです。

この2つの気持ちを抱いてしまっている時点で、私は現在の自分を受け入れるどころか完全に否定してしまっていたのです。つまり、自己受容はできていない状態であることに気が付いたのでした。

  • 次に、③の観点から、私にはどんな「心の穴」が開いているのかを考えてみました。

心の穴は幼少期に親に開けられたものであるとのことなので、自分の子ども時代を振り返ってみました。
父と母が一緒に暮らしていた13歳のときまでは私は勉強ができなくても、運動ができなくても、今ほど劣等感を感じず、自分の大好きなことについてどんな友達にも語ることのできる自由奔放な子どもでした。とにかく「学校、勉強重視であった母」と、「子どもに対して関心がなく、自由にさせなさい派であった父」は、2人一緒に存在することでバランスが取れており、私は学歴に対してコンプレックスを抱くことはなかったのです。
しかし、14歳の頃から父と母が別居し、私は母と暮らすことになってからは「子どもの自由にさせなさい派の父」が去り、このバランスが崩れ「とにかくいい学校に行きなさい」という母だけになってしまったのです。そこから私は一変していい学校に行けない自分、勉強に集中できない自分は駄目な子どもなんだ、と劣等感を抱くようになりました。母は私にとって到底達成不可能である「市で一番の高校、そしてMARCH以上の大学に行かないと認めない」「いい学校にいって沢山稼ぎなさい」というばかりでした。
私は勉強をしたくないと思うのはなぜなのか、自分が本当は何をしたいのか考えるべきであることに気づかず、「唯一の育ての親である母の夢を叶えられない自分」に対して劣等感を抱きながら勉強をした結果、やはり母の望む学校に入学できず、私は自分に対して「学歴コンプレックス」を抱くようになってしまったのです。
母は母で、「自分も父と同じように自由に生きていたいのに、子どものせいでそれができない、でも捨てるわけにもいかない」という葛藤があったのでしょう。だから、私に「母が実現させたかったけれど、諦めるしかなかった未来」を押し付けてしまったのだと思います。

  • 最後に、②の観点から、私は相手の存在によって自分の「心の穴」を埋めようとしているのか?という疑問について考えてみました。

私は好意を抱く人に対しては「自分」と「相手」の境界線が曖昧になってしまいます。これは言い方を変えれば「相手」が持っているものは、「自分」が持っているかのように錯覚してしまう面がある、とも考えられます。

つまり、私は母がかつて私にしていたのと全く同じ、近しい相手に高いスペックを求めることで、自分の自尊心を満たそうとしていたようです。

ですが、相手に高いスペックを求めたところでお金も、社会的地位も自分のものになるとは限りません。それに、相手が仕事を辞めたら収入も社会的地位も何も残らない可能性もあります。
どうせ高いスペックを求めても、自分のものにはならない。つまり、相手にスペックの高さを求めることは無駄であることにやっと気が付いたのです。

そして、どうせスペックの高さなんてどうでも良いんだから、

①相手を選定する際自分に好意を抱いてくれる相手を選ぶ
②自分を想ってくれている相手であれば、連絡するくらいで気分を損ねたりしない
はずなので、もっと気軽に連絡すれば良いし、楽しみながら相手を知っていけばいい

という2つの考えにたどり着いたのでした。


この経験を通して、最も大事な考えに気が付きました。
この「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」という本には「恋愛で苦しい思いをしている人は、自分の感情、心の穴を感じるべき」と記載がありました。
その点と、この本に記載されている点、今回感じたこと全てを総括した上で恋愛が辛いときに考えてみてほしいポイントをまとめてみました。

恋愛が辛いとき考えるべき3つのこと

自分の抱く興味、関心が相手に向きすぎていないか。一番重要です!
●向上心が高まるあまり、自分自身を否定する気持ちが強すぎていないか。

  ぴんとこなければ、50:50になっているか今一度見直してください。
●興味・関心が相手に向きすぎているのであれば、自分の心のでこぼこ

(本で記載されていた心の穴)を感じ取り、自分の過去の経験を踏まえて自分が
  なぜこんなにも苦しく感じるのかを考えてみてほしいと思います。

一番重要なのは、自分の抱く興味、関心が相手に向きすぎている自分を認知することです。そこに気が付けば自ずと何をすべきか分かるはずですし、何も行動を起こさなくても自然と「自分自身」に関心が向いてくるはずなので、気持ちが楽になると思います。


この考えにたどり着いた私は、Rさんに勇気を振り絞って連絡してみることにしたのでした。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

 

以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com

 


 

 

【あなたは確認してる?】マッチングアプリで出会った恋人のお金の使い方を細かく知っておいた方が良いと思った件

私は2021年7月20日マッチングアプリで出会ったRさんと通話し、少しモヤモヤしながらも、「with」のビデオデート機能を使い、本日7月25日にやり取りをすることになったのでした。

前回の電話のやり取りはこちらからどうぞ。

momokoara0402.hatenablog.com

 

私はRさんとやり取りする前、今日はお互いご飯とお酒を用意してオンラインデートしましょう!と誘っていました。

 

私は開始一時間前に慌てて一人暮らしで荒れた部屋をなんとか掃除し、とりあえず映り込みそうな洋服を片付けました。とにかくBBQチキンが食べたい気分だったのでUberEatsで大好きなハニーバターチキンと、大根の漬物を注文し、さらに慌てて近くのコンビニにレモンサワーを買いに行きました。

 

開始ギリギリになってやっぱり歯は磨いた方がいい、オンラインだからチークはした方が良い、髪はアイロンで巻く時間がないからせめてPRODUCTのバームで整えるだけでもした方が良い、と慌てて思いつくまま準備していたら、あっという間に時間が迫ってきました。どうして時間ギリギリになると、逆に身だしなみを整えたくなってしまうのでしょう。この現象に誰か名前を付けてほしい(笑)。

こんな感じでセッティングし、ビデオ通話を開始しました。

f:id:momokoara0402:20210725225558j:plain

左側の積み上げた本の上にスマホを縦に置いて通話していました。

画面外に生活感が溢れすぎている。

画面に映っていたRさんは写真よりもイケメンで、体格も少し良さそうに見えました。小柄で華奢な男性に性的魅力を感じづらい私は、少し安心したのでした。

そして前回の電話だけのときと打って変わって話が膨らんでいかない感じではなく、今回は積極的にいろいろと話題を振ってくれたのです。

 

Rさんは、自分で作ったおかずと、ハイボールを用意していました。自炊するの偉いな

~と思いながら、私はRさんと話し始めたのでした。

 

Rさんは、最近付き合っていた彼女と別れたので、「with」に登録し、恋人を探し始めたとのことでした。私はそんなにすぐ気持ちを整理できるなんてすごいな、と思いながら聞いていました。

私はこういう場で元カノの話を聞くことで自分に関心が向いてないんじゃないか、と気にするタイプではないし、むしろRさんの恋愛観について知りたい気持ちがあったのでいろいろ質問しながら聞いていました。

Rさんと元カノが別れた理由は、元カノがネットワークビジネスにはまり、借金をしていたが発覚したから、とのことでした。

まさか、またネットワークビジネスの話を聞くなんて…!と私は半ばドキドキしながら聞いていました。

 

そして話を聞いてみると、具体的にはインスタグラムの広告を運用する勉強(?)をするための前資金としてお金を払う必要があり、そのお金をすぐに用意できなかったため多額の借金をしていたことが発覚したようです(Rさんも元カノがどんな会社で副業をしていたのかよく聞いていないとのことだったので、この情報は少し不明確な部分があるのですが…)。

そのことが発覚し、いろいろ考えた末に金銭感覚が違っていたことに気づいたRさんから別れを切り出した、とのことでした。

 

やはり、マッチングアプリで出会った相手は本当にどんな人間なのか分からない、もしかしたら簡単に相手を信用するのは私の想像以上に危ないことなのかもしれない、と今回の話を聞いて思いました。

また、私がこれから伸び伸びとマッチングアプリで婚活していくためにも、マッチングアプリを利用している友人達が危ない目に遭うのを防ぐためにも、私より年下の子たちがマッチングアプリで出会った人のせいで、人生を棒に振ることがないようにするためにも、どうしたら安全に、素敵な出会いを探せるのか改めて考える必要がある、とも思いました。

とにかく今回の話から、マッチングアプリで出会った人と交際する際には、同棲する、しないに関わらず、交際に至った時点で相手のお金の収支について細かく確認したほうが良さそうだ、と感じました。特に、何に使っているか分からないお金については借金返済のお金かもしれないので、徹底的に確認した方が良さそうです。プライベートな問題ですし、どういう風に切り出すべきかは分かりませんが、聞けるものなら確認はしておきたいですよね。どうやら私達が注意すべきは、Amway勧誘者だけではないようです。

 

そして、私の過去の恋愛の話も聞いてくれました。私は率直に、彼氏がいたのは3年前で、その人を引きずっていたので別れてから現在に至るまで恋人はいません、と伝えました。Rさんの反応はあまり芳しくなく、そんなに長い間彼氏がいなかったことを不思議に思っているようでした(多分、私がまっったくモテない女性あることがばれたに違いありません)。

まあ、寿退社して子育てのため会社を辞めた人が再度社会復帰するのが難しいように、恋愛においてもブランクがあるのはネガティブな印象を与える可能性が高いのは当然のことです。

加えて、あまりに引きずっていたので再度連絡し、やり直すことも考えたけれど、そこまでするほど気持ちが残っていないことに改めて気づき、今は気持ちの整理をしっかりつけた上で恋人を探している、とも話しました。

 

さらに、「どのくらいの期間アプリをやっているの?」と聞かれ、嘘をつくのも申し訳なかったので、素直に22歳の頃から現在までずっとやってます」と伝えました(我ながら長すぎる、自分でも引く)。そんなことを言ってしまったのでRさんはますます3年も彼氏がいないことを不思議がっていましたが、「恋愛に気持ちが向いていなかったのと、元カレ(Sさん)のことが気にかかっていたから次に進めなかった」ともう一度伝えました。Rさんは、「まあ、そういうこともあるよね」と言い、別の話題に移っていったのでした。

 

さらに、Rさんに2か月前「with」で出会った人にAmway勧誘をされた話もしました。R

さんはきちんと話を聞いてくれ、ばっさりと「そんなやり方で儲かる訳ないのに」と言い切ったのでした。

Rさんの年収を考慮したら、まあそう言いたくもなるよね~と思いつつ、理由はともあれあり得ない、許せないと私に共感してくれたので、とても嬉しかったです。

 

Rさんに、前回の写真の件について今回改めて聞くと、「この前会った別の子も数年前の写真使ってたんだよね~」と言っただけだったので、そこまで気にしている様子はなく、過去を否定された訳ではないと気づいた私は安堵したのでした。少し、考えすぎだったようです。

 

Rさんは、私が思っていたより真面目で、裏表の無さそうな性格でした。自分の考えていることをきちんと言葉にして伝えてくれるし、仕事に対しても熱意を持って取り組んでいるように感じました。今のところ、一緒に居て凄く楽しいかまでは分かりませんが、2回目に会った感じにしては、良い感じ、なのかもしれません。

私は少し、Rさんが気になっています。でも、少し心配な点がいくつかあるので、それをここにまとめておくことにします。

・新形コロナウイルスワクチンデマに振り回されるくらい、私は信じられる情報と信じてはいけない情報を見分けることができない人間だが、大丈夫なのか。
・私はRさんと、その元カノほど頭が良いと思えないのだが、馬鹿でも付き合ってもらえるのだろうか。
・将来子どもをつくって家庭中心に生きていくお母さんになれないかもしれない(働きたい)が、その点は尊重してもらえるのだろうか。

 

まあ、今気になっている点はこのくらいです。上記は次機会があったときに、直接聞いてみます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

はてなブログのアカウントをお持ちの方で、もしこの記事が面白いと思ってくださった方は、下記のボタンをクリックして読者になって頂けると嬉しいです。

アカウントをお持ちでない方は、私のTwitterのアカウントをフォローして頂けると記事が更新される度通知が届きます。

 

以下の記事もおすすめです。

 

momokoara0402.hatenablog.com

momokoara0402.hatenablog.com 

momokoara0402.hatenablog.com